読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coquelicot1.2.3

「陽気で優しい」

それは嘘に見えた本音なのだ

 

 

ホストに貢ぐ女もアイドルを追っかける女も、結局根本は変わらないという話。

 

 

f:id:nkjeeee:20170513233755j:image

 

 

オーロラを観に行ったことがあります。

私の人生の中で観た本当に美しいもの、オーロラとミケランジェロ最後の審判なのだけど、これらの持つ素晴らしさは、写真におさめられるものではなかった。なので自分の目と記憶しか頼りになるものがないし、どうしてもその時の鮮明な美しさというものは思い出せない。感動して涙を流したほどに素晴らしかった、という記憶はあるのだけど、どうしてもそれを観た時と同じように思い出せと言われると無理。

だけどそれがきっと普通なことで、世の中の大体の素晴らしい物たちは写真や映像ではなく私たちの記憶にしか残らないし、それらはその瞬間のみ最高に美しくて素晴らしいことを体感できる一瞬の儚いもので、一分一秒でも過ぎたら記憶になってしまうのだと思う。

だから素晴らしいものは最高なんだよね。全てのものが儚い世の中だよ。

 

 

さて、本題。

 

友達の周囲でホストが流行っているという話題について。

 

 

「なんで身近な一般人に何十何百と金をつぎ込めるのか」という話題からスタートしたものの、その子はたまたま「ホスト」にハマっただけで、「アイドル」にハマってる女となんも変わりはないよね、という結果に落ち着いた。

たまたまその子が、お金を払えば優しくしてくれて連絡を交換してくれてお酒を飲んでくれてチヤホヤしてくれる男の人に出会ってしまっただけで、片やアイドル好きはたまたまテレビ画面や雑誌の向こうで働く人を好きになって大きな会社に雇用されて色々なスポンサーをつけながらグッズやCDを販売してくれただけ。もうここにあるのはほんのちょっとの違いだけなんですよね。

 

まあつまり常にここらへんのことはパッションとお金でどうこうできる問題なわけですね。

 

 

何にハマっても悪いことではないし、何がどうあれホストもキャバ嬢もそれが仕事でお金を稼いで生活しているわけだし、お客さんはいい思いをできるし、その対価としてお金がどうしても必要なわけだから、まあ誰にも何も責められないし、偏見が凄いだけでよくよく考えてみれば自分がしていることと何にも変わらないのにね。

ブランド物買えば満たされるし、美味しいもの食べれば幸せだもの。

 

 

最終的に友達は「私もいつハマってもおかしくないわ」と言って終わっていたよ。

まあ別に私生活が崩れたり金銭トラブルが起こらなければなんの問題もないけどね。

 

 

 

私はどうしても他人に対してアレコレしてほしいとか、我も忘れて恋い焦がれたりしたことが無い。感情の欠落なのか、これが普通なのか、、、。10代の多感な時期に誰かを好きにならなかったせいなのかしら?

飽きっぽいから連絡を取り続けることもできないし、おはようもお休みも要らない、必要な時だけ必要なことを話してくれればいい。

友達と同じ様にしてくれればいいのに、どうしてみんな特別な存在に対して特別な処置をしたがるのか!デートして大切な日を一緒に過ごしてキスしてセックスしてるだけで特別なのにね、だからわかりきっていることを常にやらなくてもいいのになぁと思います。

結婚は契約のもとに成り立つし、書類という証拠が残るけど付き合う事は何の契約も証拠も発生していないからかな?常にどこか見えないとこに不安や焦燥を抱えているのかしら。

 

 

人間はタフだ!